芦屋プリンとあっせのトップページへへ
プレゼントや手土産、お中元、お歳暮にお取り寄せしたいとの声にこたえて出来た通販プリンの芦屋ぷりん想
お取り寄せ限定プリン「芦屋プリン 想」トップへ
  お取り寄せプリンの芦屋ぷりん想レシピ開発者 藤岡敏夫

プリンへのお客様の声プリンの掲載されたメディアプリンのレシピ考案者の話プリンの作り方

  究極のプリン
芦屋プリンいま日本中には色とりどりのプリンが溢れています。
果物や野菜を使ったものや、抹茶、チーズ、チョコを使ったもの洋酒、焼酎、バニラetc・・・
そんな中、「芦屋ぷりん とあっせ」は2007年9月、テイクアウトのみのプリン専門店として芦屋の地にオープンしました。

当時からのお取り寄せブームでプリンの宅配は常識になってましたが「芦屋ぷりん」開発コンセプトの1つに、わざわざ芦屋まで足を運んで下さるお客様の為だけに他では味わう事の出来ない「本当の意味での究極のプリンを造りたい」と、いう思いがありました。

そんな中でとあっせのプリンのテーマは、人はどんなプリンを食べた時に「魂を揺さぶられ、心の底から湧き上がる感動を覚えるのか」でした。
それを突き詰めていく上でプリンの起源から見直すことにしたのです。プリンの起源は16世紀にまでさかのぼります。それから、500年近い歳月をかけて現在のかたちに進化し伝え継がれてきた究極ともいえるスイーツでした。
その材料は、乳、卵、砂糖と実にシンプル。
これだけが有れば誰にでも出来る物だからこそ、そこに答えが有ったのです。

試行錯誤を重ねる中で見えて来た物・・・それは「贅肉をそぎ落とし、研ぎ澄ます」事でした。「芦屋ぷりん」の素材を牛乳、生クリーム、卵、砂糖この4つだけと決め「シンプルなプリンに魂を吹き込む究極の素材探し」と「感動を呼び起こす黄金比率」を求め試作から実に2年の歳月を要し完成したのが「芦屋ぷりん」なのです。

苦労の甲斐あって、オープン直後よりお客様から大変な反響を頂戴し、マスコミ(TVや雑誌)にも多く取り上げて頂きました。

  職人魂
レシピ開発者そんな中、毎日毎日、多くの方々から
「お土産にもらって食べた、是非送ってほしい」
「美味しかったからあの方に送ってあげたい」
「ウマいプリンが有ると噂を聞いたので取り寄せたい」
「あのプリンにうるさい友達を驚かせたい」
等など

本当に有り難いお声を毎日頂戴し、「宅配出来るプリンの開発に挑戦しないと技術者の名が廃る。」そんな思いで意地と名誉をかけた開発の日々がふたたび始まりました。
芦屋ぷりんのコンセプトは 「本当に安心して食べられる美味しいプリンとは」でした。そこには、「宅配」という温度変化や振動、衝撃、消費期限などなど諸々の制約はなかったので、自由な発想があったのです。
そんな「芦屋ぷりん」はとてもデリケートなプリンで発送には不向きです。
味を変えずにこれらをクリアしなければ成らないのは至難の業です。

まず、宅配に向く素材と形状の容器探しから始まりました。
容器の材質と形状が変われば出来上がるプリンの味わいも変わってしまう」この事をクリアしながら宅配中に起こる温度変化や振動、衝撃、消費期限の問題を解決して行きます。「こちらを立てれば、あちらが立たず・・・」の毎日が続きました。

諦めかけた事もありましたが、そんな時に勇気付けられたのがお客様から頂いた熱い想いの数々です。
魂を揺さぶられ、心の底から湧き上がる感動を覚えるプリン
この事だけを考え、私たちの経験と持てる知識のすべてを芦屋ぷりんに注ぎ込み、レシピと製法の調整をする事、実に10か月。
ついに、「芦屋ぷりん」の贅沢な味わいをそのままにお取り寄せ専用のプリンが完成致しました。
 

ありがとう
芦屋プリン「想」
このプリンは、お客様から頂いた数々の熱い想い
素晴らしい素材を届けて下さる生産者の方々の一途な想い。

そして
「美味しい物を作りたい一心」な私たちの想い。
これらの「想い」が無ければ完成する事の無かったプリンなのです。

このプリンに関わって下さった全ての方々へ
そしてこれから関わって下さるで有ろう全ての方々へ
感謝の心を込めて、「芦屋ぷりん 想(そう)」と名付けました。


 



 芦屋ぷりん とあっせ 技術顧問 藤岡 敏夫             

このページの先頭に戻る
通販限定プリンの芦屋ぷりん 想(そう)。贅を極めた高級プリンのお取り寄せ



  芦屋ぷりん「想」についてもっと知りたい方は下のコンテンツもお楽しみ下さい
芦屋プリン想、レシピ考案者の話
芦屋プリン 品質5ヶ条
プリンのための無添加素材
プリンの作り方
芦屋プリンとあっせが紹介されたメディアの話
芦屋プリンとあっせへのお客様の声
芦屋ぷりんとあっせの軌跡

無添加プリン「芦屋ぷりん〜想(そう)」



プリンへのお客様の声プリンの掲載されたメディアプリンのレシピ考案者の話プリンの作り方
お取り寄せ限定プリン「芦屋プリン 想」トップへ