内祝いやご進物にギフトにしたいプリンNO.1【芦屋ぷりん】

ご注文・お問い合わせはTEL:0797-22-1816
このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッシュレスでお支払いのお客様に 5%還元
芦屋ぷりんが選ばれる理由

パティシエ 藤岡敏夫

パティシエの藤岡敏夫には、どうしても譲れないこだわりがある。

自分が作ったお菓子を食べた人に笑顔になってもらうこと。
食べた人の心が感動で揺さぶられるようなお菓子で、そのためには身体に良いお菓子であることも大切だ。

食との出会い

藤岡と食の出会いは幼い頃にさかのぼる。

藤岡の両親は神戸で寿司屋を営んでいた。
両親の作る寿司を皆が笑顔で頬張る姿を見て育った藤岡が、自分も美味しいものを作って誰かに喜んでもらいたいと思うようになるのは自然なことだった。

幼い子供らしく、大好きな甘いお菓子を作ろうとした。
ココアの粉を固めてチョコレートを作れないかと頭を捻ったり、見様見真似で小麦粉をこねてみたり。
幼いながらに研究熱心で、美味しいお菓子を作るために飽きもせず試行錯誤を重ねた。

大きくなってもこの思いが消えることはなく、パティシエを目指した。
そして、9年の修業の後、神戸にて念願の洋菓子店を出した。

画像1

食の安全性への意識

画像2

「ESPACE」と名付けた洋菓子店が軌道に乗り始めた頃、藤岡はふと目にした記事に衝撃を受ける。
「今、食が危ない」と題されたその記事には、残留農薬や遺伝子組換え食品の話が書かれていた。

今でこそ残留農薬や遺伝子組換え食品のことは一般の人にも知られているが、当時はバブル期真っ最中。
たくさんの物を効率よく生産することが良いこととされ、食品の危険性がオープンに語られることがなかった時代だ。

国産の小麦粉は、輸入物の製菓用小麦粉よりもグルテン含有率が高く、舌触りがもたつく。
薬品精製しない粗製糖は、独特の色と風味があるので、お菓子の仕上がりにも影響がある。
身体に良い材料は、これまでのレシピでは美味しいお菓子にならない。

しかし藤岡には、幼い頃から培われた研究熱心さがあった。
試行錯誤を重ね、癖のある素材を美味しく変化させるレシピを生み出した。

ケーキに使う果物も、旬のもののみに限定した。
藤岡の作る美味しいケーキの人気は、どんどん上がっていった。

方向転換のきっかけは阪神大震災

画像1

画像1

藤岡が方向転換をするのは、阪神大震災がきっかけだった。

震災のしばらく前から、現状に疑問を感じてはいた。
その疑問とは、身体に良いケーキを目指す自分たちの身体がストレスと過労に蝕まれていったことだった。
ケーキの評判が上がるにつれ、労働時間が長くなったことが原因である。
このままではいけないと思いつつも手を打てずにいたときに、阪神大震災が起きたのだった。

神戸の街は甚大な被害を受けた。
藤岡の店も、藤岡のケーキを好んだ神戸の住民も、生活が大きく変わった。

画像1

画像1

藤岡は、これも一つのタイミングと捉え、早朝から深夜まで働きづめの生活を変えることを決意する。

生活を変える決意をしたけれど、何をすればいいのだろうか。
探し求めているときに、たまたま友人に誘われて出向いたのがおでん屋だった。

コトコトと煮込まれ、身も心も温めるおでん。
これまでに学んだ身体に良い素材の知識とおでんを組み合わせたら、人々を癒すおでんができるかもしれない。

藤岡は洋菓子から離れ、芦屋でおでん屋を開業する。

再び、洋菓子へ

藤岡のおでん屋は、そのうち雑誌などで紹介される人気店となった。

美味しいものに敏感な芦屋の住人が、藤岡のパティシエとしての腕を見逃すはずはなかった。
デザートとして置いてあったプリンの本格的な美味しさが評判になったのは当然だった。

そのプリンの配送を望む声が高まり、藤岡はもう一度パティシエとしてお菓子作りに向き合うことを決意する。
それは藤岡の持つ類まれなる研究熱心さが更に高まった瞬間だった。

藤岡の作るプリンはとてもデリケートなので配送するのは難しい。
運搬中の衝撃や温度の変化でも味わいが変わってしまうのだ。

増粘安定剤や保存料などの添加物を使えば簡単に味を安定させることはできる。
しかし、身体に良いことを第一に考える藤岡が添加物を使うはずはない。
そして藤岡には、一見不可能なことを可能にするお菓子作りの知識と技術があった。
8ヶ月の時間を掛けて、ついに芦屋ぷりんが完成したのである。

画像1

画像1

芦屋ぷりんの完成は藤岡のゴールではない。

自分が作ったお菓子を食べた人に笑顔になってもらいたい。
食べた人の心が感動で揺さぶられるようなお菓子を作りたい。
そのためには身体に良いお菓子であることも大切だ。

幼い頃から変わらず持ち続けているこの思い。
その追求のために、藤岡と藤岡の作るお菓子はこの先も進化を続けていく。

芦屋ぷりん ギフトサービスガイド

  • 熨斗サービス
  • 手提げ袋サービス
  • 風呂敷サービス
  • ご持参用保冷バック、保冷剤セットサービス

送料・お支払方法などのお買い物ガイド

送料について

クロネコヤマト宅急便の「クール便」にてお届けいたします。

北海道 1,790円 北東北 1,240円
南東北 1,140円 関東 1,000円
信越 1,000円 北陸 930円
中部 880円 関西 880円
四国 930円 中国 880円
九州 1,030円 沖縄 1,790円

お届け日数について

お支払確認させて頂きました翌日より換算し、最短で3営業日もしくは4営業日にてお届けさせて頂きます。

尚、繁忙期などはこの限りではございませんこと予めご了承くださいませ。

3営業日後到着地域:南東北地方、関東地方、信越地方、北陸地方、中部地方、関西地方、四国地方、中国地方、九州地方

4営業日後到着地域:北海道、北東北地方、沖縄地方

お支払方法について

・クレジットカード
・AmazonPay
・NP後払い
・代金引換
・銀行振込(入金確認後に発送いたします)
・郵便振込(入金確認後に発送いたします)
お電話でのご注文・お問合せは 0797-22-1816 受付時間 10:00~18:00 定休日 火曜(祝日は営業)